【募集】子育て経験を記事にしませんか?🎤

子育て中に、紙芝居を取り入れるとよい理由3選をご紹介!

今回は、子育て中は紙芝居も取り入れるとよい理由3選をご紹介します。

子育てをしている中で、読み聞かせが良いとはよく言われますよね。読み聞かせと言うと、絵本を読んでいることが多いです。本屋さんに行けば絵本をたくさん売っていますし、図書館に行っても絵本コーナーが充実している図書館も多いでしょう。どんな本を選ぼうかなぁと迷ってしまうくらいたくさんありますよね。

口コミが高いものを見て、次はこの絵本を読んでみようかな、と選ばれる方も多いでしょう。
ところが、絵本を読み聞かせても、食いつきがいまいちだった経験はありませんか?

・読んでいる最中に子どもが違う方向へ行ってしまった。
・読んでいる途中で、子どもが絵本を閉じてしまった。
・じっと話を聞いてられない。

1冊ならまだしも、何冊も何冊もそうした子どもの状態が続くと読む方としては、残念な気持ちになってしまいますよね。もちろん子ども一人ひとりに個性があるように、気に入る絵本とそうでない絵本と様々あります。

大人としては、頭ではわかっていても、どうして読んでくれないのだろう、なぜ気にいってくれないのだろう、と寂しい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

そんな方には、紙芝居をすすめします。今回はわたしの経験も踏まえて、紙芝居の魅力についてお話しします。

言葉を楽しく覚えてほしい!おすすめYouTube動画チャンネル各5選【日本語・英語】

子育て中に、紙芝居を取り入れるとよい理由3選

生後、絵本の読み聞かせをスタート

わたし自身、本読むのが好きで、子どもにもぜひ本好きになってほしい。絵本の魅力を味わって欲しい。そう思い、わたしは子どもが生まれた直後から絵本の読み聞かせをしていました。

最初は、短い絵本を読んだり、
1冊読んだら休憩したりと絵本が嫌いにならないように色々と苦心していました。

絵本の食いつきがいまいち

ところが、それを続けていくうちにしばらくすると絵本の食いつきは一時的に良くなったものの、ある時から、1冊読みきる前に集中力を持たないことが増えてきました。

理由の一つに、子ども自身が成長し、動けるようになったからという発達の面もあります。

しかし、どの本を借りてきても、1冊読みきる前にそっぽ向いてしまったり、本を閉じようとしてしまったりするのです。どうしてなのかとわたしは悩みました。

絵本が合わない?

絵本が子どもの関心に合っていないのかもしれない。
ある時、わたしは思いました。そこで、作風の違うものを選んだり、身近な話題(例えば食べ物の話など)が載っている絵本を選んだりもしました。でも、やはり食いつきは良くないのです。

これはどうしたものかと本当に困りました。絵本は、絶対に読まなくてはいけないものではありません。誰かから強制されているわけでもありません。でも、子どもの為を思うとやりたい。これは、わたしの欲望であり、本当は、この子は絵本などはあまり興味がないのではないかと不安な気持ちにもなってきました。

紙芝居を読んでみよう!

そんなある時、私は紙芝居を読むことにしました。
紙芝居と出会った直接的なきっかけは、助産師さんの一言です。

出生後、自宅に訪ねてきてくれた助産師さんの一言がわたしには印象的でした。

「子どもがお座りできるようになったら、紙芝居も楽しいわよ。」

その時はまだ生まれて2ヶ月ほどで寝返りもできない赤ちゃんだった我が子。
しかし、わたしにとって、この一言は、忘れられない一言になったのです。

図書館では、紙芝居と箱まで借りられる

私は、図書館で紙芝居を借りてみることにしました。
もともと絵本も図書館でよく借りていましたが、
よく見ると絵本コーナーの一隅に紙芝居コーナーもありました。

さらに紙芝居コーナーには紙芝居の箱もあったのです!
そして、なんと紙芝居だけではなく、紙芝居の箱まで借りられることがわかりました!

わたしは、子どもが関心を持ちそうな食べ物の話の紙芝居と紙芝居の箱を借りてみることにしました。


いざ紙芝居を読んでみると・・・

家に帰ってみると、子どもは、まず紙芝居の箱に興味津々。
そして、箱に紙芝居を入れてみると、もっと興味を抱いていました!

食いつきはいい感じ!

いざ、紙芝居を読んでみると、絵本の時とはまるで違う反応!
子どももじっと座って、紙芝居を見ているではありませんか!

しかも、紙芝居を1枚また1枚とめくっても子どもはずっとお座りしたまま、紙芝居をじーっと見ているのです。絵本の時とは、見違える食いつきにわたしは驚きました!

子どもの食いつきが良いので、わたしも嬉しくなり紙芝居を読むのが楽しくなりました。

聴ける!遊べる!絵本読み聞かせアプリみいみ(AppStore)

なぜ、子どもは紙芝居の食いつきがよかったのか?理由3選

では、絵本はなぜ紙芝居と違って子どもの食いつきがよかったのでしょうか?

私は主に3つの理由があると考えました。
①絵が大きくて見やすい
②ページをめくるときにドキドキ感がある
③リズムがよい

これらについて、詳しく話します。

紙芝居のよいところ①絵が大きく、見やすい

子どもが食いつく理由の1つは、絵が大きく、見やすい。ここにあるでしょう。紙芝居は、絵本に比べて、画面いっぱいに大きな絵が描かれています。だから、子どもも絵に釘付け!

大人も映画館で映画を見ると迫力があるように子どもにとっても絵本で見るよりも大画面である紙芝居で見た方が迫力があるのかもしれません。

紙芝居のよいところ②ページをめくるときにドキドキ感がある

紙芝居の魅力の1つは、1枚1枚絵がめくれます。
話の展開を楽しむのはもちろん、1枚1枚絵をめくることで、紙芝居がよりおもしろく感じられるのでしょう。

ものによっては、めくり方の指示も!
紙芝居によっては読み方のほかにめくり方まで指示が書かれているものがあります。

例えば、半分のところに線が引いてあり、「線までぬくなど」などと書かれています。それ以外にも紙の引き方も「さっと抜く」「ゆっくり抜く」などの指示もあります。この紙の引き方によって、さらに子どもがドキドキする仕掛けがあるとわたしは思います。

読み手としても、紙の引き方が書かれていると、その通りに引けば良いので、読みやすいです。

紙芝居のよいところ③リズムがよい

紙芝居の特徴は、文字数が厳選されていることです。
聞いている子たちの耳に残りやすいように、文字数がかなり厳選されています。

実は、耳で聞くって簡単なようで難しいのですよね。
大人でも、耳で聞いたことは聞き落としてしまうことがあります。

ましてや紙芝居を見ている子どもは、目線は絵のほうに集中していますから耳で入れる情報は限られてくるのです。だからこそ、短い言葉でリズムが良いと言うのは子どもがストーリーを理解する上でも重要なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
紙芝居のよさは主に次の3つがあると考えました。

①絵が大きくて見やすい
②ページをめくるときにドキドキ感がある
③リズムがよい

大体どの紙芝居を読んでも子どもの食いつきは本当に良いです!
現在でも我が家では、紙芝居は大活躍です。

しかも、紙芝居には、名作もあるので、小学生くらいでも楽しめます!
ぜひ、育児に紙芝居、取り入れてみてくださいね!

下記のサイトには乳幼児向けおすすめの紙芝居もあるので、よかったら、ご覧ください!

note【育児】紙芝居育児のすすめ
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

この記事のライター:なな

現在育休中。趣味は読書。コーチングプレイス認定コーチ。毎日2000字以上のnote更新中。今後の生き方や働き方を模索中。Twitter@nana_7_days

関連記事:本を読むだけはもったいない。“お家でブックフェア”をやってみよう