【募集】子育て経験を記事にしませんか?🎤

ママにおすすめのお仕事とは?ママが利用する転職サイト10選

育児をしながら働きたい!
ママにおすすめの仕事って何??

という子育て中のママはいらっしゃいませんか?
専業主婦から急に働くといってもどうすればいいのか分からないというママも多いですよね。

大丈夫です!

今回はママにおすすめのお仕事のポイントやおすすめの職種をご紹介。
さらに、ママにおすすめの転職サイトもまとめました。
後半では資格などのスキルがなく働くのが不安!というママのためにキャリア支援サービスもご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

きっと、育児と両立しやすいお仕事を見つけるヒントを得られると思います。

【インタビュー】子育て世代におすすめの副業を3児のパパが伝授!

ママにおすすめのお仕事のポイントとは?

Mother, Child, Family, Portrait, Mom, Motherhood

ママにおすすめの仕事のポイントは4つあります。

そして、おすすめの仕事のポイントに共通して言えることは、「ママがいかに仕事をしやすい職場で働くか」ということです。

それでは見ていきましょう。

①育児と両立ができる

育児と両立ができる働き方については、雇用形態と勤務形態がポイントです。
キャリアを大切にしたいからという理由からフルタイムで働くというママももちろんいいと思います。
しかし一方で、9:00〜16:00までの時短勤務で働いて子どもとの時間を大切にしたいと思っているママもいらっしゃいますよね。
私は年子を育てながらWEBライターしています。
保育園には激戦区でなかなか入れないので子どもたちは幼稚園に入るまでは自宅保育です。
そんな中、自宅で自分のペースで働けるかつ、子どもに何かあっても対応ができるように融通が利く仕事を探していました。そしたら、WEBライターが自分に合っていたのでWEBライターとして今働いています。
あなたがどのように子どもと関わっていきたいかの価値観を考えてみて雇用形態とは勤務形態を決めてみましょう。

②未経験者歓迎

仕事を辞めてブランクがあるママもいらっしゃるのではないでしょうか。
ブランクがあれば、前のように仕事ができるか心配というママもいますよね。
そこで、未経験者歓迎という求人に応募してみましょう。
ブランクがあっても働きやすいですね。

③女性が多い職場

職場環境にもママがお仕事しやすいポイントがあります。
それは、女性が多い職場です。
女性が多いと、お子さんがいる人も多く子どもの都合での欠席に対して理解があります。
例えば子どもが急に熱が出たから保育園に行かなければならない時がありますよね。
お子さんをお持ちのワーママが多い職場であればお互いさまという雰囲気なので気まずいということもありません
ほかには、子どもの参観日がありお休みをいただきたいことを上司に伝える時、言いづらいと感じることはありませんか。
ワーママが多い職場の場合皆さん、同じような理由でお休みするので上司から嫌味を言われる心配もありません。

④シフトに融通が利く

勤務形態がフレックス、時短勤務など融通が利くもののほうがママにとって働きやすくなります。
また、リモートワーク可能なところであれば大変ですが子どもを見ながら家で仕事ができますよ。
時短勤務では、早く仕事が終わるため子どもと接する時間も大切にできます。

ママにおすすめの職種とは?

Park, Mother, Girl, Mama, Child, Toddler, Landscape

ママにおすすめの職種は7つあります。

①事務職

内勤と呼ばれる事務職。
経理、書類作成、電話対応、来客対応、スケジュール管理などをするお仕事です。

〇おすすめポイント
事務職は、さまざまな勤務形態が募集されています。
例えば、9:00~15:00まで週3勤務など。
子育てと両立がしやすい勤務形態で働けるとママの負担も少なくて助かりますね。

②医療事務

病院や薬局などの事務職です。
医療事務の資格はあるのですが、雇用主によっては資格がなくてもOKというところもあります。
しかし、資格があればその分給与が増えたり仕事も大きく任せてもらえるのでやりがいがある働き方をしたいママにはまずは資格を取得することをおすすめします。

〇おすすめポイント
未経験者歓迎と記載されている求人が多く、年齢が関係ないところがママにおすすめのポイントです。

③コールセンター

時給が高いところが人気のコールセンター。
お客様相談室やお客様からの電話注文のお仕事をします。
言葉遣いに気をつけたりお客様のことを考えながら対応しなければならなく、簡単なように見えて実は難しいのがコールセンターのお仕事です。

〇おすすめポイント
勤務形態がさまざまで子どもの都合に合わせやすいところがママにおすすめポイント。

④レジ打ちや品出し

スーパーなどのレジ打ちや品出しもママにおすすめの職種です。
レジ打ちは特に特別な技能が必要ではなく、品出しも欠品ものを出すという単純作業なのでブランクがあるママでもやりやすいお仕事ですよ。

〇おすすめポイント
シフトが融通利くところやお子さんをお持ちのママが多く働いているので働きやすいです。
また、スーパーなどでは勤務時間が午前中のみといった時短勤務が多いので子育てと両立しやすいのも魅力の1つですよ。

⑤データ入力

在宅のお仕事でデータを入力するお仕事になります。
一見簡単そうに見えますが、間違いなく入力しなければならないため的確で早く入力するというスキルが求められます。

〇おすすめポイント
在宅での勤務なので家事をしながら、小さいお子さんの育児をしながらでもお仕事ができます。
データ入力は、業務委託という雇用形態が多く勤務時間は自分で決めてマイペースに取り組めますよ。

⑥WEBライター

WEBライターとはネットに掲載されている記事を書くお仕事です。
そんなに多く文字が書けないという人もいらっしゃるかと思います。
実は私も最初は500文字しか書けなかった人です。
恥ずかしながら、あまりにも文字数が少ないのでクライアントから呆れられて案件が不採用になったこともあります。
しかし、始めてから半年で13000字まで書けるようになりました。
特にスキルは必要ありません。パソコンとネット環境があればWEBライターは誰でもできますよ。

〇おすすめポイント
在宅勤務が多いWEBライター。
家事の合間や育児の合間に執筆ができるので完全に自分のペースでできるのがポイント。

⑦WEBデザイナー

WEBサイトのデザインやバナー、チラシなどのデザインするお仕事。
PCを使って作業するためPCは必須です。
さらに、デザインの技術も必要なのでwebデザイナーになりたい人はオンラインスクールなどで学ぶ人が多いですよ。
もし、資格を持っている人やスキルをどのように使えばいいのかすでに知っている人であればWEBデザイナーとしてWEBデザインの案件に挑戦してみるのもいいですね。

〇おすすめポイント
ママにおすすめなポイントは在宅でできるところです。
さらに、資格を取りたいと考えているママに朗報です。
WEBデザインのオンラインスクールに入学し小さいお子さんがいる場合、保育士をオンラインスクール側から派遣してくれて安心して家で学べるFammというオンラインスクールがあります。
小さなお子さんのママでも子どもを理由として諦めずにWEBデザインが学べますよ。

ママにおすすめの雇用形態と勤務形態とは?

Woman, Laptop, Desk, Workspace, Macbook, Technology

雇用形態と勤務形態ってどんなのがあるか知っていると、お仕事を探す時にあなたが考えている働き方ができますよ。
正社員ではない働き方をしたいママなら、派遣社員やパート、業務委託がおすすめです。
正社員として働きたいママは、勤務形態を工夫するのが育児と両立ができるポイントになります。
参考にしてみてくださいね。

・時短勤務
→フルタイムではなく、時間を短縮して勤務する勤務形態。

・フレックス勤務
→決まった時間に出勤や退勤するのではなく自分で決めた時間に出勤、そして退勤ができる勤務形態。

・パート
→時給制で決まった曜日に出勤する雇用形態。

・派遣
→派遣会社に登録して派遣社員として働く雇用形態。派遣会社と雇用契約を結びます。

・業務委託
→在宅によくある雇用形態で、会社の指定の業務を委託されて行うお仕事。

ママにおすすめの転職サイト10選

Free stock photo of working family

実際に働くとなった時にどの求人サイトで探せばいいのかたくさんあって迷いますよね。

それぞれ求人サイトには特徴があります。ですので、あなたにあった働き方の求人サイトを活用してみましょう。

①リクナビNEXT

20代のママにおすすめ

・総求人数 53,215件
・対象 20~40代

リクナビNEXTの登録はこちらから

②doda

バリバリに働きたいママにおすすめ

・総求人数130,914 件
・対象 20~40代

dodaの登録はこちらから

③マイナビエージェント 転職(女性のおしごと)

残業を30時間以内に収めて育児と両立したいママにおすすめ

・総求人数22,153件
・対象 20~30代

マイナビエージェント 転職(女性のおしごと) の登録はこちらから

④type 女性の転職Agent

「土日祝休み、残業が少ない」求人を探しているママにおすすめ

・総求人数 1,424件
・対象 20~40代

type 女性の転職Agent の登録はこちらから

⑤ママの求人

在宅ワークをしたいママにおすすめ

・総求人29,049件
・対象 20~40代

ママの求人の登録はこちらから

⑥リアルミーキャリア

時短勤務の正社員を目指しているママにおすすめ

・総求人数不明
・対象 20~40代

リアルミーキャリアの登録はこちらから

⑦リブズキャリア

時短勤務やフレックスの勤務形態で働きたいママにおすすめ

・総求人数 994件
・対象 20~30代

リブズキャリアの登録はこちらから

⑧日経WOMANキャリア

大手の企業で働きたいママにおすすめ

・総求人数 25,838件
・対象 20~40代

日経WOMANキャリア の登録はこちらから

⑨はたらこindex

派遣社員、パート、正社員あらゆる雇用形態で比較して探したいママにおすすめ

・総求人数 220,398件
・対象 20~40代

はたらこindex の登録は不要

⑩スマートキャリア

時短勤務で派遣社員として働きたいママにおすすめ

・総求人数196件
・対象 20~30代

スマートキャリアの登録はこちらから

ママのキャリア支援サービス

woman carrying girl

働きたいけどスキルがなくて不安だという人にはまずキャリア支援してくれるサービスを利用して資格を取得してみましょう。

資格取得が転職する際の自信に繋がりますよ。

職業訓練

自治体で行われている職業訓練は知っていますか?
ワードやエクセルなどを使いこなせるようにするためのパソコン講座や介護士などの資格取得をめざした講座まで幅広く開講されています。
講座の内容は自治体によって異なります。
しかし、人気の講座はあっという間に埋まってしまうので興味がある講座を見つけたら早めに申し込むことをおすすめします。
小さなお子さんがいる中で職業訓練には通いづらく諦めている人は、託児付きの職業訓練の講座もあるので詳しくはハローワークに問い合わせしてみましょう。
職業訓練を受けると職業訓練受講給付金を受け取れます

オンラインスクール

資格取得のために自宅でもできるオンラインスクールに通うのも1つの手段です。
世の中にはたくさんのオンラインスクールがあるので自分に合ったスクールを調べながら入会するといいですよ。

SHE
WEBデザイン、WEBライター、WEBマーケティング、マネーコンサルタント

【SHElikes】オンライン体験レッスン開催中

famm
WEBデザイン

famm|ママ専用webデザインスクールの無料説明会受付中

通信教育

ユーキャンなどの通信教育で資格取得の勉強するのも1つの手段ですよね。
添削サービスがあるので、復習にもなりますよ。また、なかなか独学では勉強が続かない人にも通信教育はおすすめです。
そして提出期限が設けてられている課題があるため自宅にいながらスケジュールを管理してくれるので勉強も続きます。

キャリア相談サービス

自分のキャリアを相談したい時ってありませんか。
ミートキャリアではオンラインでキャリアについて相談できるサービスです。
キャリアサポーターとマンツーマンでオンライン面談をしながらキャリアに対するアドバイスが貰えるので今後の目標設定や準備ができます。
今はまだ働かないけど将来は働きたいママにとって有意義な時間の使い方ができますよ。
ミートキャリアの強みは、キャリアサポーターがキャリア支援のプロということ。
実際に人事や人材業界でアドバイザーとして働いたことがある人ばかりで安心してキャリアについて相談ができます。

育児と両立しながらお仕事をしてみよう!

Free stock photo of mother child

この記事のまとめです。

ママにおすすめのお仕事のポイントとは?

①育児と両立しやすい
②未経験歓迎
③女性が多い職場
④シフトに融通が利く

ママにおすすめの職種とは?

①事務職
②医療事務
③コールセンター
④レジ打ちや品出し
⑤データ入力
⑥WEBライター
⑦WEBデザイナー

ママにおすすめの勤務体系とは?

①時短勤務
②フレックス勤務
③パート
④派遣
⑤業務委託

ママにおすすめの転職サイト10選

①リクナビNEXT
②doda
③マイナビ 転職(女性のおしごと)
④type 女性の転職Agent
⑤ママの求人
⑥リアルミーキャリア
⑦リブズキャリア
⑧日経WOMANキャリア
⑨はたらこindex
⑩スマートキャリア

ママのキャリア支援サービス

・職業訓練
・オンラインスクール
・通信教育
・キャリア相談サービス

育児と両立しながら働きたいママにおすすめのお仕事とママが利用する転職サイトについてご紹介しました。
まだ、どんなお仕事に就きたいかイメージがつかないというママはおすすめのお仕事のポイントや人気の職種を参考に考えてみるのもいいかもしれません。
一方で今は働かないけど将来は働くことを見据えて今から準備をしたいと思っているママはママのキャリア支援サービスから選択して行動に移すのも1つですよ。
今回ご紹介したものが少しでも、育児と両立しやすいお仕事探しのヒントになれば幸いです。

この記事のライター:misaki43

1歳4ヶ月差の年子姉妹を育てるワンオペママ。地方育ちの転勤族。前職が金融機関に勤めていたこともあり金融記事も執筆しています。夜泣きや離乳食、トイトレに悩みながら子育て中!

関連記事:【インタビュー】子育て世代におすすめの副業を3児のパパが伝授!